に投稿 コメントを残す

学びとカスタム開発というモデルについて

システム開発は欠陥があるほど高額になるという傾向があり、ひどいシステムを作った会社ほどメンテナンスコストが嵩んだり、その開発会社への依存度を高めなければならなくなり、欠陥のあるシステムにお金を払い続けるといったことがあるように思います。

重要なシステム運用を外部に任せると様々なコストが発生するだけでなく、同時に様々なリスクを抱え込むことになります。特に情報システムというのは会社や組織の性質を強く表しますので、他人に任せることでその会社の魅力がなくなる恐れもあります。そのあたりのことを考えて、自社内でやったほうがコストやリスクが下がったり効率がよくなるようなことについては自社内でやるのがよいと思います。なので、お客様が費用に対する最大成果をだすことを念頭に置いて、学びとカスタム開発という組み合わせのビジネスモデルを考えて現在活動しています。

コストカットの目的やリスク管理の目的で、あらゆるシステムを自社内で開発することははっきりいって無駄です。システム開発では様々な形での抽象化をしますが、過去に誰にも抽象化されたことのないまったく新しい型のシステムというのはないでしょう。身の回りで不便に感じ、それをシステムが手助けできる領域に関しては誰かが開発したことがあります。世の中にある様々な開発物には容易に組み合わせられるものもありますが、多くの場合、機能の開発そのものより組み合わせるコストがかかることが多いです。ほとんどのケースではシステム統合の際に問題が起こります。システム統合というのは、数学的にはシステムのエントロピーを抑えることを考える行為となります。餅は餅屋といいますが、そのあたりのノウハウがあるところにアドバイスなりカスタマイズの発注をするのがお勧めです。

最近は様々な尖った機能を売りにして様々なサービスが独立して提供されていますが、そういうとがった便利システムを提供するサービスというのは他社の参入障壁を考えますので、他のサービスへのリプレースが容易でないシステムを構築します。すると、サービスを利用する側はビジネス的にはそのサービスに依存することになりますが、それが最大のシステム統合の際の障壁になります。多くのユーザがそのサービスに依存し、依存しているサービスがスケールして利用者が大きくなったころには、そのサービスの優位性は利用者の優位性ではなくなりますので、統合のリスクだけが増します。特に要注意なのは客の情報をAIで解析してそのAIを客に提供するサービスです。これは、1) 収集された特定のAIデータに依存するため他へのリプレースが難しくなる 2) 収集された統計データはAIサービス利用者のデータを平均化したものといえるため利用者の行動も似たものになってくる 3) 使用者のデータが直接的あるいは間接的なかたちで集められ解析されるため機密管理に対する重大な欠陥がある。4) 定型的な業務であればほとんどの場合よりよい他の選択肢がある ためです。

私のスタンスは基本的なものを体系的に抑えることが重要で、発展的なものは外部に出さずに内部の社員で守秘的に進めるのがよい、という考え方です。したがって、私がこのサービスを通じて提供するものは基本的な体系的な知識やシステムのみになります。

そのため、私が提供する 「E. オンライン・カスタム開発サービス」にて提供されるテンプレートはどれも昔からよくあるありきたりなものですが、社内で利用する際に拡張していけば強力な武器となるものばかりです。その辺のものを新しいフレームワークに載せて社内でうまくカスタマイズすることで業務を強力にすることが理想といえます。

革新とか進化というような話はほとんどがセールス文句です。スマホとSNSという「革新」「進化」がおきたところで、利用者側からの視点では単に無駄に浪費する時間とプライバシーや機密情報に対するリスクが増えただけという見方もできます。重要な価値というのは各人の頭の中にあるものですし、本当のリスクは大手IT企業に利用しているサービスを通じてその手の情報を抜かれることにあるのでしょう。なので、私のスタンスとしては、各社の社内システムの運用をスマートにやるというところを念頭においています。

私が提供する1日でカスタマイズというサービスでは時間的に、事前に構築したパラメータ調整可能な生成システムを依頼者の好みの形に成形するというくらいのことしかできないでしょう。逆に言いますと、そういう基礎的なものだけを提供することで依頼者様の組織の土台固めをしつつ、社内に提供した基礎的なシステムが浸透するころには自分たちでカスタマイズして使い勝手をよくしたいとなるのがよいという考えです。いまだに業務でエクセルを使う人が多いのは、ちょっとしたアイディアを自分で試して実行するというプロセスが重要だからですが、組織戦を戦うのにエクセルでは随分と武器がよわい感じもします。「エクセルか?システム会社か?」というような極端なオルタナティブはろくな結果にならないと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です