に投稿 コメントを残す

ガイドライン

生成されるコードのスタイルに関しては色々とカスタマイズをできるようにしていますが、いろいろとカスタマイズができることが必ずしも適切とは限らないので、デフォルトで標準的なガイドラインには近い設定にしています。

私のカスタム開発サービスでは laravel を使用していますので、特段の理由がなければ PSR-1 や PSR-2 などの標準的なガイドラインに準拠し、また、laravel で推奨されている命名ルールに従うという方針となります。

laravelのMigrations, Models, Controllers, Services, Views, Routes, Seeds, Factoriesなどの命名規則については若干の自由度があり、その点に関してはある程度カスタマイズできるようにする方針です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です