に投稿 コメントを残す

学びとカスタム開発というモデルについて

システム開発は欠陥があるほど高額になるという傾向があり、ひどいシステムを作った会社ほどメンテナンスコストが嵩んだり、その開発会社への依存度を高めなければならなくなり、欠陥のあるシステムにお金を払い続けるといったことがあるように思います。

重要なシステム運用を外部に任せると様々なコストが発生するだけでなく、同時に様々なリスクを抱え込むことになります。特に情報システムというのは会社や組織の性質を強く表しますので、他人に任せることでその会社の魅力がなくなる恐れもあります。そのあたりのことを考えて、自社内でやったほうがコストやリスクが下がったり効率がよくなるようなことについては自社内でやるのがよいと思います。なので、お客様が費用に対する最大成果をだすことを念頭に置いて、学びとカスタム開発という組み合わせのビジネスモデルを考えて現在活動しています。

コストカットの目的やリスク管理の目的で、あらゆるシステムを自社内で開発することははっきりいって無駄です。システム開発では様々な形での抽象化をしますが、過去に誰にも抽象化されたことのないまったく新しい型のシステムというのはないでしょう。身の回りで不便に感じ、それをシステムが手助けできる領域に関しては誰かが開発したことがあります。世の中にある様々な開発物には容易に組み合わせられるものもありますが、多くの場合、機能の開発そのものより組み合わせるコストがかかることが多いです。ほとんどのケースではシステム統合の際に問題が起こります。システム統合というのは、数学的にはシステムのエントロピーを抑えることを考える行為となります。餅は餅屋といいますが、そのあたりのノウハウがあるところにアドバイスなりカスタマイズの発注をするのがお勧めです。

最近は様々な尖った機能を売りにして様々なサービスが独立して提供されていますが、そういうとがった便利システムを提供するサービスというのは他社の参入障壁を考えますので、他のサービスへのリプレースが容易でないシステムを構築します。すると、サービスを利用する側はビジネス的にはそのサービスに依存することになりますが、それが最大のシステム統合の際の障壁になります。多くのユーザがそのサービスに依存し、依存しているサービスがスケールして利用者が大きくなったころには、そのサービスの優位性は利用者の優位性ではなくなりますので、統合のリスクだけが増します。特に要注意なのは客の情報をAIで解析してそのAIを客に提供するサービスです。これは、1) 収集された特定のAIデータに依存するため他へのリプレースが難しくなる 2) 収集された統計データはAIサービス利用者のデータを平均化したものといえるため利用者の行動も似たものになってくる 3) 使用者のデータが直接的あるいは間接的なかたちで集められ解析されるため機密管理に対する重大な欠陥がある。4) 定型的な業務であればほとんどの場合よりよい他の選択肢がある ためです。

私のスタンスは基本的なものを体系的に抑えることが重要で、発展的なものは外部に出さずに内部の社員で守秘的に進めるのがよい、という考え方です。したがって、私がこのサービスを通じて提供するものは基本的な体系的な知識やシステムのみになります。

そのため、私が提供する 「E. オンライン・カスタム開発サービス」にて提供されるテンプレートはどれも昔からよくあるありきたりなものですが、社内で利用する際に拡張していけば強力な武器となるものばかりです。その辺のものを新しいフレームワークに載せて社内でうまくカスタマイズすることで業務を強力にすることが理想といえます。

革新とか進化というような話はほとんどがセールス文句です。スマホとSNSという「革新」「進化」がおきたところで、利用者側からの視点では単に無駄に浪費する時間とプライバシーや機密情報に対するリスクが増えただけという見方もできます。重要な価値というのは各人の頭の中にあるものですし、本当のリスクは大手IT企業に利用しているサービスを通じてその手の情報を抜かれることにあるのでしょう。なので、私のスタンスとしては、各社の社内システムの運用をスマートにやるというところを念頭においています。

私が提供する1日でカスタマイズというサービスでは時間的に、事前に構築したパラメータ調整可能な生成システムを依頼者の好みの形に成形するというくらいのことしかできないでしょう。逆に言いますと、そういう基礎的なものだけを提供することで依頼者様の組織の土台固めをしつつ、社内に提供した基礎的なシステムが浸透するころには自分たちでカスタマイズして使い勝手をよくしたいとなるのがよいという考えです。いまだに業務でエクセルを使う人が多いのは、ちょっとしたアイディアを自分で試して実行するというプロセスが重要だからですが、組織戦を戦うのにエクセルでは随分と武器がよわい感じもします。「エクセルか?システム会社か?」というような極端なオルタナティブはろくな結果にならないと思うのです。

に投稿 コメントを残す

自己紹介

講師: 野間口 徹

  • 株式会社ティー・パートナーズ 代表取締役
  • 様々なシステムの開発。開発者歴20年以上のベテラン
  • 使用言語は C/C++, JavaScript, php がメイン
  • OS、RTOS、コンパイラ、言語処理、ストリーミング、ウエブサービス、SQLエンジン、ゲームエンジンなどカバーする領域は多岐に渡る
  • 生まれは東京。出身校は 滝野川第五小学校、海城学園、東京工業大学 機械宇宙学科、東京工業大学 情報環境学 修士課程。最初の就職先は キヤノン。
  • 修士論文は集合や写像とプログラミング言語のマッピングに関するもので、モデル空間と解空間を意味論的に同一のものとみなし、作用素でモデル空間や解空間を記述する特徴があります。モデルと解とその中間形式を意味論的に同一視することで、構造論的にはフラクタル構造となり、同型写像となります。作用素で記述される群が空間を規定するため、多様性の記述はアーベル群で一般化されます。逆問題的に悪条件の写像も取り扱えるようにするため、観測量(データ、プローブ)からモデル空間や解空間を拡張していくアプローチをとります。別の言い方をすると誤差があることも許容するデータや制約条件を表すデータを中心としたモデリングということになります。

アクティビティ

  • このオンラインの寺小屋システムを作る構想は、2002年に東工大の事業創造の講義でオンラインAI家庭教師というビジネスモデルをつくったところから始まっています。
  • 2008年にキヤノンを辞めた独立直後は寺小屋型のオンラインビジネスのノウハウ獲得のためにオンライン医療などを目指すグループと合流します。そこで、2009年あたりからブログ、新聞ブログ、メルマガ、ビデオチャット、チャットを使ったサブスクリプション型ビジネスのシステム担当やオンライン医療のパイロットプロジェクトなどをしていました。なお、該当のサブスクリプション型ビジネスは「水素文明 – 教育における革命 」という本という形で出版されています。
  • 私自身はライフワークとして、二階述語論理を核とした情報系の理論中心だった「教育における革命」とは別の、理論的なベースが大規模数値計算系の理論中心の私の「minimize entropy」の教育システムを構築しています。私の技術的なバックボーンは逆解析なので、ヒルベルト空間、アーベル群、作用素理論、空間写像、ベイズやベイジアンネットワーク、同型写像、ブロック線図によるモデリング、カルマンフィルタといった理論を多用します。当初は「ソフトウエアによる革命」という「教育による革命」のサブテーマとして動いていましたが、私の方は改良や温故知新の保守色が強くカラーがあわなくなっていたため別物としてゼロから組み直してます。
  • 2010年に打倒Googleというコンセプトで分散型やクラウド化についての構想をたてます。「個人の時代」というコンセプトで書いたその時のブログが うつろいゆく時代と共に です。また、和風テイストで国内のライブなどを成功させつつ、世界にも通用するコンテンツをつくるロールモデルも検討していました。ちなみにブログで紹介したAsty は後の和楽器バンド で、これが「個人の時代」モデルです。
  • 2010年に HTML5 でwebシステム全体を相互接続する構想をたてます。こちら は経済産業省のベンチャー支援の場で整理したグランドデザインです。
  • 2010年に開発していた teaos とは このデモ にあるようなwebosです。これは別名 Note システムとも言い、note、wikinote、richnote、teanoteなどオブジェクトをNoteとして抽象化してOLEのようにプロセスに抽象化してコンポジットするものでもあります。以降、インターネットを同型写像なフラクタル状に結合された一つの巨大なストレージとみなし、また、ソフトウエアを軽量なプロセスの組み合わせとみなす、それらの構造物に対するエントロピーについて考察するいう独特な視点で様々なアーキテクチャやシステムを産み出します。また、プロセスを作用素とみなし、作用素により空間の写像を定義する独特のパラダイムでの開発手法をあみだします。
  • 2012年に、2009年の新型インフルエンザや2011年の311から影響を受けて、細菌の感染モデルを応用してよいMovementをつくろうというTipping Pointという理論に注目して「Minimize entropy」というサブスクリプション型の学び道場をつくろうとします。これは、道徳心や遵法意識や不正を正すといった良い意識を人々が規範として社会をより良いものにしようという理論です。私は日本文化である発酵食品に絡めて理論化をすすめていました。これが現在のこの会の原型です。
  • Tipping Pointのロールモデルを作るために伏線として書いたブログが「Hakko工房」です。311の災害被害をうけて「minimize entropy」という思想に基づいてかいたのが「Safe工房」です。また、「個人の時代」を実現する手段として学びモデルを組み合わせて進めようとしたロールモデルがWORKSモデルで、それのために書いていたブログが「Nayuta Works」です。WORKSモデルはタイムチケットサービスを組み合わせて、士業ビジネスや学びビジネスと組み合わせて進めていました。
  • ネット上の悪質な権利侵害に対して、2012年にソフトウエアやコンテンツの権利をJASRAQのような国の機関やGAFAのような大手のプラットフォーマーに任せず商用ライセンスを自分たちで管理するという目的でライセンスの共同管理を核としたATGという分散型ライセンスプラットフォーム構想を進めました。公共性の強い内容に書き換えたのが Copy Lights です。これは2013年のG1サミットのアジェンダとなったようです。
  • 2012年から、minimize entropy というコンセプトで考案したアーキテクチャがABCIです。中間言語を用いての、コマンド、言語、ビルド、集合、SQL、トランスパイラー、URI、データ構造へのアクセス、ハード構成などに関する大統一理論がABCIになります。ただし大統一といっても普遍的な統一を理論化するものではなく、ある人、あるいは、あるグループにとっての大統一理論という意味になります。私のケースにおける「大統一理論」は、私の修士論文の記法をベースに、集合と作用素を一般化したLISPによりシステムを記述する特徴があります。特にHTML5を強く意識していたため、WebSQLの同型写像という構造を強く意識しています。略称は、Command base architecture, Component base architecture, Context base architectureに逆解析のInverseを組み合わせたものですが、実は私が住んでいた我孫子市(ABCI)を捩って作った名前です。これについては長らく非公開でやっていましたが、後に、tea-module.com というサイトで一部公開しています。
  • 2014年よりABCIや、GPGPUオフローダや、クラウドICEや、SQLエンジンの機関部となるcoreシステムの実装にかかります。
  • 2015年には新しいインターネット秩序を作ろうという活動を始めました。そのグランドデザインがこれ です。
  • その後、SNS事業、gitサーバ、NPMサーバ、決済システム、GPS連動型RPG構想、MK判定法のチャットボット、SQLエンジンなど開発しました。
  • 2018年は、販売システムや在庫管理システムや配送システムなどの開発や運用。GPS付RPGゲーム「茶快物語」のプロトタイプ公開。
  • 2019年は、お絵かき可能なスレッド式掲示板、地図システム、サーバ管理システムやSQLパッケージシステムの開発。
  • 2020~2021年は、GPS付きRPG「茶快物語 7 monsters 11 jobs」やSQLエンジンや同型写像エンジンについての作業再開。
  • 現在、「minimize entropy」の活動の再開をしています。また、2012年に論理ファイルプロトコルについて簡易実装をして作業を再開しています。

※ 剽窃を多数確認していますが、私とは無関係です。論文や waybackmachine などの時期をみたらわかると思いますが私の方がはるかにはやくオリジナルです。

に投稿 コメントを残す

TEALEARNINGはじめました

次のサービスを始めました。当面は サービス E を中心に進めたいと思います。

A: オンライン特別技術獲得 
10,000円 / 1時間
平日 9:00 – 17:00

B: オンライン技術獲得
5,000円 / 1時間
平日 9:00 – 17:00

C: オンライン家庭教師
3,000円 / 1時間
平日 18:00 ~ 23:00, 休日 9:00 – 23:00

サービスEでは主に次の商品を取り扱います。

顧客管理システム
顧客管理システム
Customer Management System
アクティビティ管理システム
活動管理システム
Activity Management System

勤怠管理システム
勤怠管理システム
Attendance Management
予約管理システム
予約管理システム
Reservation Management System
スケジュール管理システム
スケジュール管理システム
Scheduling Management System
案件管理システム
案件管理システム
Case Management System
在庫管理システム
在庫管理システム
Inventory Management System
取引管理システム
取引管理システム
Order Management System

会計システム
会計システム 
Accounting System
ファイル管理システム
ファイル管理システム
File Management System

ファイルのデプロイや構造などを管理するシステムです。実際の運用はディスクを管理するミドルウエアとの組み合わせとなるため事前に構成についてご相談ください。

プロジェクト管理システム
プロジェクト管理システム
Project Management System

プロジェクト管理に関してはデファクトスタンダードのOSSツールを組み合わせた運用を考えていますので、こちらの開発サービスよりも、コンサルティングサービスの方を推奨します。

地図システム
地図システム
Map System

地図システムのリリースには地図データは含まれません。著作権の関係上、 https://nlftp.mlit.go.jp/ksj/ より利用条件を確認してお客様自身でダウンロードしてお使いください。

SNS
社内SNS
Social Network System

SNSは機能が膨らみやすく、テーブル数に応じた料金になることを予めご了承ください。

グループウエア
社内グループウエア
Groupware

グループウエアは機能が膨らみやすく、テーブル数に応じた料金になることを予めご了承ください。